2017年6月29日 concrete5

【concrete5】上級権限モード・承認ワークフローの設定方法 03

concrete5の上級権限モードを使ってみたので、忘れないようにメモしておきます。グループごとにページの編集・追加などを制限する権限設定、ブログ(お知らせ)にワークフローを設定する一連の手順をまとめました。

はじめに

この記事は、「【concrete5】上級権限モード・承認ワークフローの設定方法 02」の続きです。
ページタイプ権限の設定〜ページを追加するまでの手順をまとめています

全記事

権限設定の手順

9.ページタイプ権限の設定

前回記事の「8.ページタイプの作成」で以下のページタイプを作成しました。
この4つのページタイプに、ページタイプ権限を設定していきます。

  • ページ:基本のページタイプ
  • A事業部-お知らせ:常にA事業のお知らせの下に公開されるよう設定した、お知らせ用のページタイプ
  • B事業部-お知らせ:常にB事業のお知らせの下に公開されるよう設定した、お知らせ用のページタイプ
  • C事業部-お知らせ:常にC事業のお知らせの下に公開されるよう設定した、お知らせ用のページタイプ

基本のページタイプ

まずは、基本のページタイプの権限設定を行います。
【管理画面>ページとテーマ>ページテーマ】にアクセスして、ページの【権限】ボタンをクリックします。

全体編集者も新規でページを追加できるようにしたいので、【このページタイプの権限>このページタイプを追加】に【全体編集者】を追加します。

(【ページタイプの下書きを編集】権限は、未公開の下書きページが誰に見えるかの設定になります。初期状態では【ページ所有者】になっていますが、設定変更することで下書きページをグループ内で共有することもできます。)

【このページタイプで作成されたページの権限】は、以下のように権限を与えました。

  • 【表示】
    上級権限モードを使う際、うっかり設定を間違えると、スーパーユーザー(admin)以外ページが見えなくなってしまう可能性があります。それを予防するために【登録ユーザー】を追加しておきます。
  • 【サイトマップでページを表示】
    前回記事の「5.サイトマップへのアクセス設定」でサイトマップへのアクセス権限に全体編集者、各事業部編集者、承認者を追加しました。しかし、それだけではサイトマップへアクセスは出来ても、表示権限がないのでサイトマップには何も表示されません。そのため、ここでサイトマップの表示権限を与えます。
    (今回は、各グループが編集可能な領域のみサイトマップに表示するように設定していきます。)

最後に、【保存】ボタンをクリックして設定を保存します。

お知らせ用のページタイプ

続いて、各事業部のお知らせ用ページタイプに権限設定を行います。
ページタイプ一覧に戻り、A事業部-お知らせの【権限】ボタンをクリックします。

全体編集者とA事業部もお知らせを投稿できるようにしたいので、【このページタイプの権限>このページタイプを追加】に【全体編集者】【A事業部】を追加します。

【このページタイプで作成されたページの権限】は、以下のように権限を与えました。

  • 【バージョンを表示】
    バージョンを表示権限には、【承認者】も追加しておきます。この権限がないと、ワークフローの申請がきても内容を確認が出来ないためです。

最後に、【保存】ボタンをクリックして設定を保存します。

ページタイプ権限のコピー

同じようにB事業部-お知らせ、C事業部-お知らせにもページタイプ権限を設定していきます。
A事業部-お知らせ、B事業部-お知らせ、C事業部-お知らせの権限の設定内容は、事業部グループの違いしかありません。
このように、権限の設定内容が近いページタイプが複数ある時は、権限のコピーを使うと便利です。

コピーしたいページタイプの権限設定を開いて、【このページタイプの権限】の下にある【コピー】ボタンをクリックします。

コピーが出来たら、ペーストしたいページタイプの権限設定を開きます。
すると、【このページタイプの権限】の下に【ペースト】ボタンが表示されると思います。
この【ペースト】ボタンをクリックする事で、【このページタイプの権限】【このページタイプで作成されたページの権限】の全ての項目の権限がペーストされます。

※【このページタイプで作成されたページの権限】の下にも【コピー】ボタンがありますが、こちらのボタンは使えないみたいです。ちょっと紛らわしいので注意してください。

権限設定のペーストが出来たら、事業部をそれぞれのページタイプに合わせて変更します。
最後に【保存】ボタンをクリックして設定を保存します。

10.ページタイプ権限にワークフローを適用する

先ほど設定した、お知らせ用のページタイプ権限に、前回記事の「7.ワークフローの作成」で作成したワークフローを適用していきます。

ワークフローを適用できる権限は、【権限を編集】【削除】【バージョンを削除】【変更を承認】【ページの移動またはコピー】の5つです。今回は、【削除】【変更を承認】にワークフローを設定します。

各項目の権限設定画面を開き、ワークフロータブに切り替えます。該当のワークフローにチェックを入れて、【保存】ボタンをクリックします。最後に、ページタイプ権限全体の【保存】ボタンも忘れずにクリックして、設定を保存してください。

これで、各事業部の編集者がお知らせを投稿する時や、削除する時には、承認者へ申請が飛ぶようになります。

11.ページを追加する

以下の構造になるように、基本のページタイプ「ページ」を使ってページを追加します。

これで、ページ追加までの作業が完了しました。
次回の記事では、この追加したページに、サイトマップでページ権限を設定していきます。

続きの記事

参考にした記事

Pocket

052-533-6950

お電話からのお問い合わせ

CONTACT

メールフォームからのお問い合わせ