WEBサイト構築
活用事例

  • case01

    ユニバーサルデザインにこだわった
    Webサイトをつくりたい

    ユニバーサルデザイン(WebコンテンツJIS)に配慮したWebサイトを制作した場合、制作コストがかかり導入を見合わせるケースが多いようです。弊社では、CSR実現への取り組みとして、ユニバーサルデザインに配慮したWebサイト構築を推進しています。必要な機能を盛り込みパッケージ化することで、導入コストを抑えることが可能です。

  • case02

    Webサイトの課題点を見つけたい

    制作時にはユーザビリティに配慮し制作を行いますが、実際にはその方法が適切かどうか、効果的かどうかを判別することは難しいといえます。弊社では、ユーザビリティを評価する指標として、ユーザービリティテストを行います。仮説に基づいた施策が本当に正しいかどうか、実際にユーザーに操作してもらうことで検証を行い、その反応や発言、または計測した数値をもとに改善方法や施策を検討し、効果的なWebサイトの改善を行います。

  • case03

    採用情報をWebサイトに掲載して
    応募者数をアップしたい

    企業様から「採用のお問い合わせ数を増やしたい」「優秀な人材を獲得したい」との要望をいただきます。弊社では、可能であれば採用を目的とした別サイトを構築することをお勧めしています。企業サイトと採用サイトでは、閲覧するユーザーも違えば、ゴール設定も異なります。求める人物像が具体的な場合は、ターゲットのペルソナに基づいた情報、全体のトーン&マナーを考慮した採用サイトを用意することで、異なるアプローチで訴求が可能になります。

関連ソリューション
RELATED SOLUTIONS

まずはお気軽にご相談ください。

サービスに関する疑問、ご質問がございましたら、
お電話、もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

トップへ戻る